2011年01月31日

時代はオープン、グローバルへ。


アメブロに引っ越したのですが(http://ameblo.jp/sato-toshiyuki/)いまだにこちらのアクセスが多いので試しにこちらにもアップロード。

IMG_816811.jpg

IMG_817211.jpg

IMG_817311.jpg

IMG_817411.jpg

 またまた久々の日記です。

12月末にガイアの法則の千賀一生さんに久々にメールを書いたところお返事をいただくのを待たずに自分の中でなにかGATEが開いたような感覚がありました。
どういうことかというと、急に意識と毎日の生活の一部がグローバルになってきたのです。

まず、角川歴彦さんの「クラウド時代と〈クール革命〉」という本に出会い、そこから櫻井孝昌さんの「世界カワイイ革命」に辿りつきました。

世界カワイイ革命を読んで衝撃的だったのは、フランス、イタリア、スペイン、ブラジル、タイなど各国で日本ブームが起っているということ。
アニメ、マンガから始まり、コスプレ、原宿ファッション、食、伝統文化、音楽とあらゆるジャンルに世界の若者が魅了されているというのです。

毎年夏に行われるパリのジャパンエキスポというイベントでは昨年は20万人近い動員を集めたそうです。

海外の若者たちは、日本は伝統と新しいカルチャーの両方を持つ素晴らしい国と言い、アニメ、マンガに価値観、人生観、恋愛観などにおいて大きな影響を受けていると言います。
そして「日本のアニメは世界平和を広めるプロパガンダとして政府が作らせているのですか?」というような質問までするそうです。

僕は20年近く前から、日本人の「どんな文化も受け入れ、争わず、まあいいじゃないかと丸く納める文化」を世界へ広めるべきだと思ってきました。
音楽を通してそれをやりたいとずっと思ってきたのですが、アニメ、マンガの世界ではそれがすでに現実になっているのです!

フランスでは出版されるマンガの1/3が日本のマンガだそうです。
「世界の若者は日本のマンガで育ってるんですよ」という海外の若者がいるそうですが、まさにそういう状況なんですね。

ツイッターで海外の日本ファンを探すと本当にたくさん見つかりました。
しかも、日本語でツイートしていたりするのです!

まあ、主に英語なのですが日本語が使いたいようで簡単なことは日本語でツイートしています。

こんなことには全く気づきませんでした。

英語でツイートしていると英語の勉強にもなります。
20代後半の時に一時期、日本人より外国人のほうが友だちが多いという時期がありましたがこんなに英語を毎日使うのはその時以上です。まあ、喋ってる訳ではないですけど。

音楽に目を向けても、海外で人気の高いバンドやその人気に応えて海外ツアーをしているバンドも増えているようです。
人気の高い国が気がついたのはアメリカ以外の国ということ。

アニメはポケモンなどアメリカで流行っているものもあるようですが、ジャパンブームはアメリカ以外の国々で起っているような印象です。
ポップミュージックではアメリカを目指すアーチストはこの20〜30年間多かったと思いますが、結果が出たのは主にアジア、ブラジル、ロシアなどの国、地域ではなかったでしょうか。

どうも僕たちは海外=アメリカ(または加えてイギリスなどヨーロッパ)というように考えすぎていたようです。
地球上にはアメリカ以外の国に何十億という人がいるのです。
インターネットなどの発達によってある意味国境が消えてきている今だからこそ、特定の国にとらわれずに、チャンスやメッセージを広げていきたいですね。

僕自身インターネットの恩恵に預かるようになって15年経ちますが、世界とつながっているといっても、まだまだ壁を感じていたのです。

このアメブロを見ていて、いろいろなブログに簡単につながりますがそれは日本国内のことです。

それがツイッターとフェイスブックによって、壁が消えて国内も海外も同じ土俵に乗ったような感覚があります。

日本人の和の心を海外へ”輸出”したい。
この僕の想いもこれから現実のものになりそうです。


 佐藤敏幸



フォローしてください♪
http://twitter.com/coomail

リアルに面識のある方はフェイスブックもよろしく。
http://www.facebook.com/home.php?fbb=rd41f020e


意識変革で人生を変えよう!
気功師宮沢気豊先生の関東のスケジュールや沖縄イベントのことです。
http://miyazawakihou.com/


レイキヒーラー養成やアロマなど。
http://forest-harmony.com/


ご協力ください!奄美義援金のこと。
http://www.npo-d.org/pc/
下野新聞にも載せていただきました。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20110113/441793






佐藤敏幸、実はこんな人間です。詳しいプロフィール。
http://pr.cgiboy.com/12652322

________________________________________
*僕も出演しているCRT栃木放送「古田佳子 和楽囃子が聴こえる」
http://crt-radio.blog.ocn.ne.jp/waraku/

宇都宮の中心部にある八幡山の麓に住んでいます。

■r■ ■o■ ■o■ ■t■ ■s■
□TEL 028-622-9800
□ メール   coomail★nifty.com 
      ★を@に変えて送信してください。 
□ 気功、レイキ伝授とカードリーディング http://forest-harmony.com/















【関連する記事】
posted by coo at 23:24| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新しい時代へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

「感謝」カサリンチュ

oohama.jpg

sora.jpg

oohama2.jpg

*今回は両方に載せちゃいましたが、アメブロに引っ越します!
http://ameblo.jp/sato-toshiyuki/ ブックマークよろしくお願いします。




 ラジオを聴いていただいている方はご存知だと思いますがここ数ヶ月、奄美の音楽をたくさんかけています。

朝崎郁恵、中村瑞希、マリカミズキ、元ちとせ、中孝介、RIKKI、サーモン&ガーリック、里アンナ、我那覇美奈、城南海…。
本当に素晴らしいアーチストが多くて人口6万人あまりの島からよくこれだけ素晴らしい音楽が生まれるものだと感心してしまいます。
島唄をルーツにするアーチスト、唄者が多い訳ですがJ-POPでもカサリンチュという素晴らしい2人組がデビューしています。

透明感のあるハイトーンのボーカルは一聴しただけで聴くものを惹き付ける魅力を備えています。
彼らの音楽を聴いていると体中にパワーがみなぎってくるのを感じますよ!

デビュー曲の「感謝」も最高。
僕も奄美に感謝!カサリンチュに感謝です!!


「感謝」(抜粋)

胸にあふれだすこの想いは
支えてくれた人たちへの感謝
生まれた時から僕たちは
命を燃やしつないでるから

晴れ渡る空 見上げれば
今 生きてることへの感謝
生まれた時から誰かが
いつでもあなたを想ってる
胸にあふれだす この思いは
大人やこどもとか関係なく
生まれた時から僕たちは
命を燃やしつづけてるから


「感謝」ライブ映像も島中で応援している感じが最高。
http://www.kasarinchu.com/movie/

「僕の部屋」PV
http://www.youtube.com/watch?v=_y4PFCjihQQ

公式サイト
http://www.kasarinchu.com/





佐藤敏幸、実はこんな人間です。詳しいプロフィール。
http://pr.cgiboy.com/12652322
________________________________________
*僕も出演しているCRT栃木放送「古田佳子 和楽囃子が聴こえる」
http://crt-radio.blog.ocn.ne.jp/waraku/

宇都宮の中心部にある八幡山の麓に住んでいます。

■r■ ■o■ ■o■ ■t■ ■s■
□TEL 028-622-9800
□ メール   coomail★nifty.com 
      ★を@に変えて送信してください。 
□ 気功、レイキ伝授とカード占い http://forest-harmony.com/ 
http://ameblo.jp/sato-toshiyuki/ 
ラベル:奄美
posted by coo at 00:18| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛と感謝の時代へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

奄美島唄の朝崎郁恵さんに会いました!


先日ついに奄美島唄の最高峰であり同時に今なお、島唄の可能性を求めてチャレンジを続ける改革者である朝崎郁恵さんにお会いすることができました。

益子で演奏会があり、その前日にラジオの番組用にインタビューしてきたのです。
朝崎さんは10年ちょっと前にピアノの伴奏による奄美の島唄のCDを制作し、それが細野晴臣さんのラジオ番組でオンエアされると大きな反響を呼びました。
僕もこの斬新な島唄には衝撃を受けたのですが、当時フェアトレード雑貨店を経営していたのでお店でよくかけていました。
昨年、益子で初めて生の唄声を聴いたのですが、1曲目が始まるとすぐにその一度聴いたら忘れられない独特な唄声の中に数百年の時間を感じてしまいました。なぜそれが数百年という気の遠くなる時間だと感じたのかはわかりません。
ただただ、そう感じたのです。
そして眠っていた細胞の中のDNAがざわざわと目覚めるような感覚でした。

さて、明日土曜夜6時半からのAMラジオ、CRT栃木放送「古田佳子 和楽囃子が聴こえる」の中で朝崎さんの代表曲おぼくり〜ええうみと共にそのインタビューをお聞きいただけます。

音楽を愛するすべての人に聴いていただきたいお話が聞けました。
是非お聞きください。
再放送は今月から火曜夜10時半に変更になっています。


佐藤敏幸
ラベル:奄美 島唄
posted by coo at 00:34| 栃木 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。