2008年12月30日

奇跡が起きました!

IMGP004411.jpg天川村で。


 2008年の終わりにこのブログが書けることを本当に幸せに思います。

待ちに待った奇跡が起こりました。
30数年動かなかった僕の左足が動き始めたのです。

 まずは奈良県の天河神社に行く事を決めたことから始まります。
この天河神社は日本三大弁財天に数えられ、国内でも最高の芸能の神様です。

 2005年の10月に僕はここを訪れ、それ以降音楽制作、演奏活動がすごくうまくいくようになったということがありました。

 そこでお礼参りに行かなくてはと思いつつ3年経ってしまったのですが、僕が「天河神社へ行ったほうがいいよ」とすすめた、モデルであり、歌手であり、環境アドバイザーでもあるのぞりんが先日天河神社へ行き、その流れでなにかすごいことになったという話も聴き、これは本当に僕も行かなくちゃな〜と思い立った訳です。

のぞりんは天河神社の後、導かれるように大阪の気功の先生のところへ行き、施術を受けるつもりがその場で弟子入りすることになり、たった一日で気功師になり、しかもその先生としては初めての気功師の名前も授けていただいたということでした。

 天河に行かなくちゃと思ったとは言え、ご利益を期待するというよりも本当に感謝の気持ちを伝えたいということで行く事にしたのです。

 すると行く数日前に、のぞりんからメールが入り、まだ会ったこともない気功の先生が僕の足が治りそうだと言っているというのです。治りそうだから栃木まで行ってあげると。
 とても嬉しかったのですが、わざわざ来ていただくのも申し訳ないと天河神社の後にこちらから行く事にしました。

 天河神社ではご祈祷していただき、たくさんの人が言っているようになにか別次元の存在を感じ、その後友達の音楽家たちにお守りをたくさん買ってきました。
 
 神社には2時間弱の滞在でしたが、晴れ〜雪〜雨〜曇りと天気が目まぐるしく変わりました。

 3年ぶりでお礼参りができてほっとしつつ、そのまま近くの天の川温泉へ。この温泉は湯船が全て木でできていて最高に心地良かったです。

 なぜかお風呂には子どもたちが多く、後日この温泉を思い出したときに僕ももっと子どもたちのためになにかやりたいな、と思いました。

 温泉でゆったりした後はレンタカーを奈良駅まで飛ばし、大阪心斎橋へ。

気功の先生は、むーみーぱらんの宮沢気豊先生。

 着いて話をすると、のぞりんからいろいろな人の話を聞いたんだけどあなたの話を聞いたときに「治る」という直感があった、とのこと。
 嬉しいお言葉でした。

その後施術をしていただいたのですが、その間最高に幸せな気分に包まれました。これはちょっと不思議な体験でしたね。
 マッサージみたいな気持ち良さとはまた違うのです。
精神的に最高の充足感でした。

 それに、施術をしていただいている間に足が動かなくなったのはこういうことだったのかな、ということが頭の中に浮かんできたりしました。
 やはりちょっとスピリチュアルな体験でした。

 そしていくつか、こういうふうに足を動かせる?と聞かれたのですが、30数年前に動かなくなった直後に病院で同じことをしても、「腰のほうの筋肉を使えば動くんだね」とだけ言われたことが「それが動くなら大丈夫、大丈夫!これは治る」と言われ、びっくりしました。

 言葉に全く逆のニュアンスがあったからです。
病院で言われた言葉は「これじゃだめなのか」と思わざるを得ない言葉でした。
こういうように言葉に捕われてしまうこともあるので言葉って本当に大切だなとつくづく思いました。
 (もちろんお世話になった病院の先生方には感謝しています!)

そしてうつ伏せで先生に膝を曲げてもらい自分の力で蹴るという動作もなぜか出来ました。これは施術してもらう前でもできたのかどうかははっきりしません。そんなことはやったことがなかったからです。
 しかし、これも「これは良い!これならやっぱり治るよ!」と言われ、本当に嬉しかったです。
 これを妻と二人で毎日1000回やるように言われました。

 施術終了後は僕のこどもにスプーン曲げを見せてくれたり、自分の意志で体重をもっと重くするということも教えてくれていました。
 これはなかなか面白かったです。

 それにしても思い返してみると、11年前に結婚したばかりの頃、「必ず足、治るよ」と妻に言われたのが最初でした。

もしかしたら、子どものときも誰かがそんなことを言ってくれたかもしれませんが、記憶にはないためそんなことを言われたのは初めての経験だったのです。
 これには心から感謝しています。

 その後、たくさんの民間療法の先生やヒーラーさんなどから治ると言われるようになりました。

 そして今年の9月にこの先生に見てもらったら治るんじゃないかという直感で四国に行ってから状況がどんどん良い方向に加速しました。
こんなことがあったというのを書き出してみます。きっとみんな相関関係にあり、どれも意味があったと思います。すべて今年の9月以降に起こったことです。


・四国の柳原療術院へ行き、その後毎日ゲルマニウムを身体に貼ったり、勧められた野菜スープを作って飲むようになる。

・斎藤一人さんの大宇宙エネルギー療法士になり無料でヒーリングをしてあげるようになる。また逆にいろいろな方にもエネルギー療法をやっていただくようになる。

・元々マイミクさんであった、のぞりんにビーワンのエステ会で会う。
ビーワン、トリニティーの効果の大きさに驚き、生活に取り入れる。

・幸運のお茶を飲むようになり、良いことがどんどん起こるように。
良い出会い、再会もたくさん起こる。

・ご先祖様のお墓を東京から宇都宮へ移す。この時「移してはならぬ」というメッセージを受け取り、ヒーラーさんに良く聞いてもらう。
するとご先祖様が、言いたい事を言えなかったという後悔の念で今も浄化されていないことを知り、そのカルマを僕が解消する役割にあることを知る。そういう家の状態であるので、表現者としての僕がこの家に産まれているということ。またそれが故に、僕の活動が制限されているという部分もあるということ。つまり、僕がちゃんと開いていくことでご先祖様も浄化される、佐藤家も開かれていくということを知る。

・背骨の会に参加し、背骨がまっすぐになる。また僕も人の背骨をまっすぐにできるようになる。

・高速で死にかけ、守護霊さまの存在を自覚し、感謝するようになる。

・両親に対するわだかまりが一切なくなり、愛と感謝の気持ちだけになる。

・トリニティー効果もあり家族がさらに仲良くなる。

・音楽活動に関するこだわりがなくなり、より自由で柔軟、個人を生かせる活動にシフトしていく。

・奉仕の気持ちが強くなり、十数年前のように社会貢献活動をしたいという気持ちがここ数年よりも強くなる。

・自分の役割、やるべきことを改めて実感するようになる。


 さて、ここまで書いて眠くなってきてしまいました。
補足があればまた後で書こうと思います。

 宮沢先生は宇都宮で講演会をやりたいと言ってくれているので近々やりたいと思います。ほんとうにすごい先生です。
 興味のある方はメールなどで意思表示していただけると実現しやすくなります。
 
 最後に、先日宇都宮友の会で演奏したときの写真もいくつか載せておきます。
僕の子どもが撮った写真ですが、ピントがあっていないのが逆に良かったのでそのまま載せます。

 佐藤敏幸

IMGP989311.jpg
 まずはお話から。チェルノブイリのこどもたちから勇気をもらったこと、夢を実現する方法、誰とでも仲良くする方法、世界を変える方法などを話しました。

IMGP991711.jpg

IMGP991811.jpg

IMGP996711.jpg

IMGP995011.jpg

IMGP000811.jpg

IMGP001711.jpg

最後は塩谷町の岩戸別神社です。
IMGP985811.jpg



のぞりん 幸運☆ハッピーライフスタイル
http://blog.nozomi.fem.jp/



佐藤敏幸、実はこんな人間です。詳しいプロフィール。
http://pr.cgiboy.com/12652322
________________________________________

*よさこいやダンスミュージック、その他いろいろな音楽制作、演奏活動、
コンサート企画などをやっています。
http://roots-web.net/
http://warakuru.seesaa.net/

*CRT栃木放送の番組「古田佳子 和楽囃子が聞こえる」に出演しています。
毎週土曜夜8時30分からの30分番組です。

 栃木県宇都宮市の八幡山の麓で緑に囲まれた生活をしています。



■r■ ■o■ ■o■ ■t■ ■s■

□TEL 028-622-9800
□FAX 028-902-8005
□メール photomusica@aol.com






posted by coo at 00:04| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 足が治り始めた! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。