2010年10月01日

奄美島唄の朝崎郁恵さんに会いました!


先日ついに奄美島唄の最高峰であり同時に今なお、島唄の可能性を求めてチャレンジを続ける改革者である朝崎郁恵さんにお会いすることができました。

益子で演奏会があり、その前日にラジオの番組用にインタビューしてきたのです。
朝崎さんは10年ちょっと前にピアノの伴奏による奄美の島唄のCDを制作し、それが細野晴臣さんのラジオ番組でオンエアされると大きな反響を呼びました。
僕もこの斬新な島唄には衝撃を受けたのですが、当時フェアトレード雑貨店を経営していたのでお店でよくかけていました。
昨年、益子で初めて生の唄声を聴いたのですが、1曲目が始まるとすぐにその一度聴いたら忘れられない独特な唄声の中に数百年の時間を感じてしまいました。なぜそれが数百年という気の遠くなる時間だと感じたのかはわかりません。
ただただ、そう感じたのです。
そして眠っていた細胞の中のDNAがざわざわと目覚めるような感覚でした。

さて、明日土曜夜6時半からのAMラジオ、CRT栃木放送「古田佳子 和楽囃子が聴こえる」の中で朝崎さんの代表曲おぼくり〜ええうみと共にそのインタビューをお聞きいただけます。

音楽を愛するすべての人に聴いていただきたいお話が聞けました。
是非お聞きください。
再放送は今月から火曜夜10時半に変更になっています。


佐藤敏幸
タグ:奄美 島唄
posted by coo at 00:34| 栃木 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/164274729

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。