2010年08月26日

子どもが幸せな大人に育つ学校A

IMG_4907.JPG
カルクリが行われた東京サロン。
http://calcre.okoshi-yasu.com/

IMG_4936.JPG
一日の終わりにあざやかな光。



今日で宇都宮のこの辺りの小学校の夏休みが終わります。

学童保育へ行って帰ってきた子どもによるとみんな明日学校へ行きたくない
と言っていたらしい。

 大人は「子どもが学校に行きたくないのは当たり前で、そんなことは
我慢しなくてはいけない、みんなそうだったんだから」と考えがちだけど
本当にそうかなと思った。

 行くのが楽しみな学校もあるんじゃないかな?

大人にも同じことを思う。

毎日行くのが嫌で週末が待ち遠しい仕事を続けている人はやはり
近い将来転職できるようにするべきだと思う。

「楽しいこと、好きなことばかりでは生きていけない」

子どもの頃そんなことを言われてきたような気がするけれど
この世の中には楽しいこと、素敵なことがたくさんあって
毎日がそんなことで満たされ、まわりの人にそういう思いを
分け与えるような人生を目指すべきだと思う。

 まず大人がそうならないと楽しい子どもの世界も
現れてこない。

やはり意識を変えるということ。
一人一人の意識が変れば世界は少しづつ
(場合によってはあっという間に)
変っていくことでしょう。

逆に意識が変らなければ、どんな運動が起ろうと政治がどんなに
変化しようと最終的には変っていかない。

 大人も子どもも毎日楽しく生きましょう!!



 佐藤敏幸

________________________________________


*僕も出演しているCRT栃木放送「古田佳子 和楽囃子が聴こえる」
http://crt-radio.blog.ocn.ne.jp/waraku/

宇都宮の中心部にある八幡山の麓に住んでいます。

■r■ ■o■ ■o■ ■t■ ■s■
□TEL 028-622-9800
□ メール   coomail★nifty.com 
      ★を@に変えて送信してください。 
posted by coo at 00:12| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

子どもが幸せな大人に育つ学校@


IMG_4236_2.JPG

IMGP6580_2.JPG

 昨日の「いのち輝く祭りin蔵王」のご報告に続いて、次のブログです。

今日のブログは「批評批判するのではなく、告発するのではなく、大切なもの、良いもの
を広め、伝えていくということ。」と昨日のブログにも書いたし、本当にこういう姿勢で
生きていきたいと思っているんだけど、どう説明したらいいのか。
たまには、現実の批判も有り?でもなるべく批評批判はしたくない、などとあれこれ
思いながら書いてみようと思います。

 長男が小学校に入学した今年4月から、必然的に学校教育に関心を持つように
なりました。
 
 もっと子どもたちにとって、良い教育があるのではないか、他にも選択肢があっても
いいのではないかと日々思うようになったのです。

 今、長男が通っている学校はとても良い学校です。
先生方も良い先生ばかりで入学式の時に「やった!当たりだ!」と思った直感は今も
外れていなかったと思います。

 それでも当然文科省の考える義務教育に沿った学校教育なので、違う選択肢があって
も良いのでは?と感じてしまうのです。

 子どもたちが毎日、イキイキと過ごし、自分の好きなこと、得意なことを伸ばし、
大人になってからも自分の特性を活かして社会の役に立てるようになること、そして
なにより毎日幸せを感じられること。

 保育園の時に僕が感じていたのは、子どもたちはなんて創造性や可能性に溢れている
のだろう、子どもはみんな天才だ、そして子どもはほとんどみんな幸せそう、
人間は本来幸せなんだ!ということです。
 幼稚園、保育園に通う子どもで日々悩んでいる、毎日が楽しくない、生きるのが辛い、
そんな子どもはまずいません。
 とても楽しそうで幸せそうです。

 ところが、小学校高学年になると「将来公務員になりたい」という子が現れはじめ
たり、小中学生の自殺も全国規模ではさほど珍しいことではない時代になってしまいました。

 最近大学生といろいろと話をする機会がありますが、みんな公務員を目指している
そうです。公務員の仕事に憧れて、公務員になりたくて仕方がない、というのなら
もちろんOKなのです。お役所の仕事も必要で大切な仕事です。ところが、理由は安定して
いるから、首にならないから、給料面の理由で、ということなのです。
 そして、彼らは楽しいことを積極的にやろう、見つけよう、作り出そうという意識が
低く、なんとなく過ごしていればいいという学生が多いようです。
 社会に出ても、大人の世界の中でいじめ、鬱、メンタル面での不調による長期休業
などが溢れることになります。

 保育園、幼稚園から大学生の間になにがあるのでしょう?

それは、親や社会の価値観もあるでしょうし、高校・大学での教育や義務教育の影響も
大きいと思います。
 あ、やはり現実について書いてしまいましたね。笑

それでは、逆に楽しい可能性について書いてみたいと思います。
そんなことを考えているときに出会ったのが東京サドベリースクールでした。
 教えない、授業がない、クラスがない、先生がいない、という東京サドベリースクール
はアメリカで40年の歴史を持つサドベリーバレイスクールの理念を取り入れた学校です。
 ここでは、子どもが自ら学びたいことを見つけ自ら学んでいくのです。
7月に見学会に行ってきたのですが、とても可能性を感じました。
そこで感じたことは追々書いていきたいと思いますが、こんな学校が宇都宮に欲しい!
と思い、友人達に話をするとみんなとても関心を持ってくれています。

 アメリカのサドベリースクールの卒業生にアンケートを取ると90%が今、幸せと
答えるそうです。
普通の学校を出た卒業生は50%以下だそうです。
 子どもが幸せな大人になる学校が欲しいですよね。
今後、宇都宮でイベントなどを企画していく中で賛同者が集まり、こういった学校を
宇都宮につくる仲間が集まったらと考えています。

 以下に、オルタナティブな学校、デモクラティックスクールの関連サイトなどを
上げておきます。

 



◎東京サドベリースクールとは?(公式サイトより)

東京サドベリースクールはアメリカボストンで40年続く、サドベリーバレースクールを
モデルに、2009年4月に開校した新しいタイプの学校です。
その理念は新しくてユニーク!しかし、人間が本来持つ、楽しむ力を発揮できる特徴を
持っています。

『人は本当にやりたい、必要だと感じたときに一番よく学ぶ』という理念のもと、
生徒が大好きなことを見つけ、知りたい欲求を追求できる環境づくりを整えています。
そのため、大人が決めた授業やテスト、クラスや学年はありません。自分がやりたい
ことをとことん追求することと、大人を含めた多様な年齢の中で過ごすことが、あらゆる
人間関係の中での成長につながると考えているからです。

またこの学校の生徒は『自分でやることを決める自由』があり、学校を『自分たちで
作っていく権利』も与えられています。
スタッフも生徒も平等な一票のミーティングにより、やりたいことの提案や学校の
ルール作り、スタッフの人選までもが行われています。
そして『好きなことができる自由』には『自分のしたことに対する責任』も一体で
あることを自然と学んでいきます。

子どもがゆっくりと時間をかけて、自分の好きなことを見つけ、それを追いかけていく学校。
東京サドベリースクールへようこそ!

http://tokyosudbury.com/




◎デモクラティックスクールの案内。
http://www.geocities.jp/democratic_schools/

デモクラティックスクールの基本はこのようなものだそうです。
(上記URLのサイトより)

■教育理念
 子どもたちは大人に指図や規制されなくとも、自分で学び、成長することができる

■子どもの尊重
 大人も子どもも同じ価値の人間として尊重される。
 よって、大人から一方的に子どもに指図をしたり、規制をすることはない。

■カリキュラムなし
 子どもたちは「やりたいことをやる」ことでその時々の最大限の学びを得る。
 また、その内容によって、活動を否定されることはない。

■ミーティングによる決議
 スクールの方針や予算は子ども・スタッフ共に1票のミーティングによって決定される。
 スタッフの人事を子どもたちの投票で決定するスクールもある。

■年齢ミックス
 従来の学校のような年齢によるクラス分けはなし。
 異年齢の子ども達がともに過ごす中で、子ども同士で教えあったり影響を受けたり
しながら、多くのことを学んでいく。

■テストなし
 いかなる形でも、大人が子どもたちをテストなどによる評価をすることはない。

 
 こんな学校、どう思いますか?
この話題はまた後日続きます。

 子どもたちに幸せを取り戻そう!!





佐藤敏幸、実はこんな人間です。詳しいプロフィール。
http://pr.cgiboy.com/12652322
________________________________________
*Twitter やってます。フォローしてください。
 http://twitter.com/coomail

*僕も出演しているCRT栃木放送「古田佳子 和楽囃子が聴こえる」
http://crt-radio.blog.ocn.ne.jp/waraku/

宇都宮の中心部にある八幡山の麓に住んでいます。

■r■ ■o■ ■o■ ■t■ ■s■
□TEL 028-622-9800
□ メール   coomail★nifty.com 
      ★を@に変えて送信してください。 
□ミクシィ http://mixi.jp/show_friend.pl?id=297370
□ 気功、レイキ伝授とカード占い http://forest-harmony.com/ 
http://ameblo.jp/sato-toshiyuki/ 





posted by coo at 00:37| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 子どもが幸せな大人に育つ学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

いのち輝く祭りin蔵王


 7月23日から27日まで「いのち輝く祭りin蔵王」へ
行ってきました。
WARAKUのスペシャルセッションがあったり、気豊先生の
講演や気を感じるワークがあったり。
 あまりに濃くて、いろいろなことがあるとかえってブログで
書けなくなるものですね。
 なので、写真でご報告しようと思います。

iPhoneでの撮影なので画像はそこそこですがご覧ください。

また来年も演奏したいです。
 あと、ひとつだけ書くとしたら、調和の大切さをしみじみと
感じました。
 批評批判するのではなく、告発するのではなく、大切なもの、
良いものを広め、伝えていくということ。
 やはりこれが大切だと思います。
 
人を変えるのではなく、自分自身が変るということ。



IMG_4272.JPGIMG_4274.JPGIMG_4275.JPGIMG_4276.JPGIMG_4282.JPGIMG_4285.JPGIMG_4286.JPGIMG_4289.JPGIMG_4293.JPGIMG_4296.JPGIMG_4306.JPGIMG_4309.JPGIMG_4312_2.JPGIMG_4324.JPGIMG_4330.JPGIMG_4354.JPGIMG_4364.JPGIMG_4369.JPGIMG_4384.JPGIMG_4387.JPGIMG_4392.JPGIMG_4408.JPGIMG_4415.JPGIMG_4420.JPG

 みんな、ありがとう!

1年後が待ちきれない気持ちだよ。




佐藤敏幸、実はこんな人間です。詳しいプロフィール。
http://pr.cgiboy.com/12652322
________________________________________
*Twitter やってます。フォローしてください。
 http://twitter.com/coomail

*僕も出演しているCRT栃木放送「古田佳子 和楽囃子が聴こえる」
http://crt-radio.blog.ocn.ne.jp/waraku/

宇都宮の中心部にある八幡山の麓に住んでいます。

■r■ ■o■ ■o■ ■t■ ■s■
□TEL 028-622-9800
□ メール   coomail★nifty.com 
      ★を@に変えて送信してください。 
□ミクシィ http://mixi.jp/show_friend.pl?id=297370
□ 気功、レイキ伝授とカード占い http://forest-harmony.com/ 
http://ameblo.jp/sato-toshiyuki/ 








ラベル:蔵王
posted by coo at 23:41| 栃木 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | いのち輝く祭りin蔵王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。