2010年02月27日

治り易いガンと治りにくいガン


IMG_280511.jpg
先週の日曜日茨城の海に行ってきました。


 すっかり春めいてきましたね。
冬は冬で楽しいけれど暖かくなってくるとやはりウキウキしてきます。
最近またいろいろと思う事、気づくことがあったり、20数年間心の
奥にあったわだかまりが浄化されたりしています。
 人、物、土地といろいろな出会い、再会もありました。
また後ほどそんなことを書きたいと思います。

 自宅で仕事をしている時や車で出かける時には音楽を流している
のですが、去年はかなり長くCALVIN HARRISの「I Created Disco」を
聴いていました。このアルバムかなり好きです。
最近はmacで仕事をしながらLAST FMを聴いていることが多いです。
好きなアーチストを指定するとそのアーチストの曲と似たような
タイプのアーチストの曲を流してくれる月3ドルのサービスです。
なかなか良いです。

 車の中ではジョニー吉長のソロアルバムを聴いています。
グルーヴ感、タイム感が最高のドラマーですが、ソロアルバムでは
ドラムを叩きながら歌っています。
 歌もすごく良いです。

 それからTwitterをやっているのでmixiの日記は書かなくなって
きました。こちらです→ http://twitter.com/coomail

 さて、ここで熱海断食道場の牧内会長のメルマガ(Dr.Mikeの
「食べもので治る」生活の知恵)を許可をいただいて転載します。
ぜひ参考にしてください。
 

Q ; 治り易いガンと、治りにくいガンがあると言いますが、それを説明
して下さい。

A ; ガンには良性のガン=乳腺腫など炎症性の腫瘍と
 悪性の浸透性のガンがある
ガンは全て食べものの間違いだ。
動物性のものと、それに甘いもの、白砂糖が入ってガンになる
悪性なガンはより血液を汚す陽性な動物性の物が入っている
それは肉食である、肉は温血動物だが、魚は冷血動物である、
その差である。

日本人は肉より魚が多い、魚と白砂糖のガンは治りやすい
良性なガンである、炎症性の腫瘍である。
日本人は肉より魚が多い、だから年寄りのガンはそれほど心配は
要らない
でも、年寄りは魚の悪い塩気で静脈を締めているから冷え性が多い
手足を冷たい、循環を悪くして病気となっている

若者のガンは悪疾だ、魚も入っているが、それより肉が多い
添加物入り、化学物質入りの加工食品が沢山入っている、中に浸透
していく
スキリス性のガン、これは治りにくい。
それに生き方、心の問題もあるのだがね。

先般、道場に肺ガンの人が夫婦で相談に来た
まだ40才代である、スポーツマンで立派な体格をしている
どこも痛くない、具合が悪くて会社を休むこともなかった。
でも定期検診で肺ガンを発見されたのだ。

奥さんは病院で切らないで道場で治そうと亭主に説得していたが
その亭主は現代医学を選んでしまった。
あれ程元気のよい人が3ヶ月で亡くなった。

奥さんは泣いて僕に話した
「残念で残念でなりません、どうしてあんなに元気だった人が」
「道場にお世話になっていれば、まだ確実に生きていた筈なのに」
「手術し制ガン剤を入れられていくにつれ体力は落ちて行きました」と。

若い人のガンは浸透性の悪疾なガンだ、それだけ悪い食べものを
飲物を採っていたかである。
それに忙しい忙しいの”多忙病”に罹っている。
人はこの世に忙しく働きに来たのではない、遊びに来たのだ
エンジョイライフも出来ずに死んでいく
こんな人生で良いのだろうか・・・
今、3人に1人がガン、間もなく2人に1人がガンになると云う
医学は発達したと云うが、ガンは逆に増えている
果たして今の医学は正しいものなのだろうか?

今のガン撲滅法は45年も前のやり方である
ガン研の偉い院長さんが開発したものです
それがそのまま今でも、踏襲されている
早期発見、早期摘出、コバルト照射、制ガン剤の大量投与である。

その院長さんがある日、歯肉にニキビ状のものが出た
若い医者に「これを採って検査してくれ」と命令した
検査の結果「院長、これは早期も早期の歯肉ガンです」と
そこで、院長自身が開発した、早期摘出し、その治療法やった
その結果はどうだったのだろう、10ヶ月後に亡くなっているのである
まだ若い、50才台だった。
遺書に「私の発見したガン撲滅法は必ずしも適切ならず」
そして「こんなに痛くて、辛い治療法だとは知らなかった」
そして、「私の娘はまだ嫁入り前だから、私がガンで死んだことを
発表しないでほしい」と書いてあった。
ならば、ガンは遺伝すると云うことなのか
ガンは絶対に遺伝はしません。

それに、歴代の院長の殆どはガンで死んでいるのです。
医者自身が自分のガンも治せない、そんな所へ、ガン患者がわんさと
押し掛けている、首をかしげざるを得ない。
その治らない、治すことができない、痛い辛いガン撲滅法が未だに
踏襲されているのです。

最近のアメリカでは日本の様な治療法は行っていない
その結果、次第にガンの死亡率が下がってきている
でも日本ではそれが急カーブして上がっているのです
貴方も必ずガン細胞がある、誰でも毎日5000から6000のガンが増えて
いる
その人の免疫の問題である。
元気で毎日生活できていればガンが発見されても大丈夫
今からでも遅くはない
ガンに感謝して、ガンよ左様ならの生活をすればよいのです。
ワッハッハッとやればどんどん良くなっていく

 


◎Dr.Mikeの「食べもので治る」生活の知恵 メルマガ登録
http://archive.mag2.com/0000109001/index.html




佐藤敏幸、実はこんな人間です。詳しいプロフィール。
http://pr.cgiboy.com/12652322
________________________________________

*Twitterやってます。フォローしてください。
 http://twitter.com/coomail

*僕も出演しているCRT栃木放送「古田佳子 和楽囃子が聴こえる」の
PODCASTもスタートしています!
放送は毎週土曜夜6時30分からの30分番組です。
(再放送毎週月曜夜8時から)
http://crt-radio.blog.ocn.ne.jp/waraku/

2009年4月に気功師になりました。
師匠の宮沢気豊先生のプロモートもしています。 
栃木県宇都宮市の八幡山の麓で緑に囲まれた暮らしをしています。

■r■ ■o■ ■o■ ■t■ ■s■

□TEL 028-622-9800
□メール  coomail★nifty.com 
      ★を@に変えて送信してください。 
□Twitter http://twitter.com/coomail
□ミクシィ http://mixi.jp/show_friend.pl?id=297370
      ぜひマイミク申請してくださいね!
□気功、レイキ伝授とカード占い http://forest-harmony.com/ 
http://ameblo.jp/sato-toshiyuki/


 
posted by coo at 18:45| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気にならない方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

実は・・・




 ぼちぼちTWITTERやってます。

フォローしてくださいね!

http://twitter.com/coomail
   








佐藤敏幸、実はこんな人間です。詳しいプロフィール。
http://pr.cgiboy.com/12652322
________________________________________
*僕も出演しているCRT栃木放送「古田佳子 和楽囃子が聴こえる」の
PODCASTもスタートしています!
放送は毎週土曜夜6時30分からの30分番組です。
(再放送毎週月曜夜8時から)
http://crt-radio.blog.ocn.ne.jp/waraku/

2009年4月に気功師になりました。
師匠の宮沢気豊先生のプロモートもしています。 
栃木県宇都宮市の八幡山の麓で緑に囲まれた暮らしをしています。

■r■ ■o■ ■o■ ■t■ ■s■

□TEL 028-622-9800
□メール  coomail★nifty.com 
      ★を@に変えて送信してください。 
□ミクシィ http://mixi.jp/show_friend.pl?id=297370
      ぜひマイミク申請してくださいね!
□気功、レイキ伝授とカード占い http://forest-harmony.com/ 
http://ameblo.jp/sato-toshiyuki/
posted by coo at 10:52| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。